参入コスト「ゼロ円」時代のEC戦略とは?中小企業が大手企業とECで戦っていくためには

ファーストリテイリングにてEC部門のマーケティングマネージャーを歴任した、EC事業・新規事業のプロフェッショナルである吉野隆行 氏にECの立ち上げやオンラインビジネスへの業態転換についてお伺いしました。

  • 吉野隆行 氏のプロフィール
  • EC導入コストの劇的な変化
  • システムよりもクリエイティブにお金を
  • 「インターネット×○○」はどんな業種でも当てはまる
  • 中小企業が大手企業とECで戦っていくためには

吉野隆行 氏のプロフィール

PlayNode Consulting 株式会社 代表取締役社長
同志社大学大学院卒業。新潟県長岡市出身。広告代理店からキャリアをスタートし、インデックスにてゲオとの合弁会社を設立し事業責任者、ファーストリテイリングにてEC部門のマーケティングマネージャー、バロックジャパンリミテッドにてEC事業部長を経て、PlayNode Consulting 株式会社設立。

吉野隆行 氏のより詳しいプロフィールはこちら

EC導入コストの劇的な変化

――旧来のECサイト構築と、現在のECサイト構築の違いはありますか?

まず決定的に違うのは、昔と違ってECの導入コストがすごく安くなっています。今は会社や売上の規模感にもよりますが、初期費用が0円に近い形で良い物が出来上がります。日本のいろんなスタートアップが良いシステムを提供しているので。昔なら長い時間とお金を掛けて構築していたのが、一気にジャンプアップして商売を始められるようになりました。

次に、昨今のコロナで加速していますが、消費者がネットビジネスの便利さを知っている事やSNSなどの普及により、最初のプロモーションコストや認知コストのハードルがグッと下がってきています。

昔なら代理店任せだったものが、今ならいろんな無料のプラットフォームがあるので、それを使いこなして人を集められる企業の方がクールな時代になっています。とは言え、EC構築導入コストや認知コストが下がっている分、競争は激しくはなっていると思います。売り場づくり、集客だけを構築するだけでなく、CRM、物流、在庫管理など、その他の戦略が重要になっていますし、それらを高いレベルで運用していく事が求められていると思います。

かつては中小企業は、まずは楽天といった形で、モール出店がファーストステップとしてありました。その次に自社サイトの構築という感じです。それが今は初期から自社サイトの構築がトレンドになっています。今後、モールから自社サイトへの経営資源のシフトは加速していくと思っています。ただ、モール運営も止めるのではなく、バックエンドのオペレーションを効率化して販路を広げるのが良いと思っています。

システムにも、BtoCに強い、BtoCでもアパレルに強い仕組み、食品に強い仕組み、定期購買に強いなどさまざまなものがあるので、業種や業態、ビジネスモデルに応じて適宜システムを選んでいくことが最初の肝になります。

また通販システムを補完するマーケティングツールが無数にあり、それらをまとめたカオスマップ(業界内のカテゴリ別サービス地図)が毎年発表されているのですが、国内外を含めていろんな領域でツールがあふれているんですよね。どのサービスをパズルのようにどう組み合わせて活用するかという時代に突入しています。

昔はスクラッチといって、ゼロから要件定義をして、構築して、オープンするまで2年かかります、というのが主流でした。

今は2年で世の中が変わってしまうので、ステージごとにいかにクイックに立ち上げて、検証して、戦略的に変更していくか。変えていくことを前提に実行していくことが、大切なことだと思っています。

システムよりもクリエイティブにお金を

むしろお金をかけるべきところは、分析やクリエイティブだと思います。「写真撮影」「採寸」「原稿」の頭文字を取って「ささげ」と言いますが、これらが顧客の購入率を決める大きな要素となります。ベースとなる商品撮影は、理想としては社内スタジオを構築し内製化したい所です。さらにクリエイティブを高める為に、ハウススタジオを借りて外部のクリエイターと連携したコンテンツ作りも大切なので、ここもPlayNode Consulting では支援をしておいます。

ZOZOという素晴らしいプラットフォームがありますが、一言でいうと彼らにものを送ったら全部やってくれるんです。でもそれだと差別化・ブランディングが出来ない訳です。更にいうと、社内で知識が蓄積されない。自分たちで自力で、やっぱりここは撮影スタジオを構えようか、外部のカメラマンに頼むか、と考えていく事になりますが、この経験値こそ重要で内部に蓄積させる事が長期的な成長につながっていきます。

そして分析が出来るチーム体制の構築も重要です。代理店に任せレポートをもらうのもありですが、それではチームの実力は蓄積させてきません。基本はGoogle Analyticsで良いと思いますが、会議ではモニターに投影して自分たちの売り場の状態を数値ベースで会話出来る体制は早期に整えます。この体制がない状態で、マーケティングツールだけを導入しても宝の持ち腐れになります。

「インターネット×○○」はどんな業種でも当てはまる

――色々な企業が業態転換やECサイトを導入しやすい時代になっていると思うのですが、業態転換を行うときのポイントを教えていただけますか?

基本的に「インターネット×〇〇」はどんな業種でも基本的に当てはまると思っています。通販に関しても、必ずしも物販だけではないと思っています。例えば情報。いわゆるノウハウや映像配信なども大きな意味で物販だと思うんです。

僕が1年以上前からご支援しているビジネスに、お墓があります。墓じまいといって、お墓を壊さざるを得ないことがあるんですね。息子さんや娘さんが自分たちのお墓が遠く離れていて守れないことがあるのです。そこで「墓じまい」という文化があって、それをネットでやろうと四日市の会社様とやらせてもらっています。壊したお墓をブレスレットにしたり、プレートにしたり別の形へ変化させるんですよ。

これまでは「チラシを配って」「一部の商圏内で口コミ」という古くさい営業だったものを、インターネットを使うことによって商圏を広げていくことが可能になっています。

お墓のホームページを作って、例えばLINEを使って供養に関するコンサルティングをして、そこからお客様と対面でも話をしながら最適な墓じまいを提案させていただくんですね。

やっぱり最初にビジネスモデルを立ち上げるときに、イオンさんにはない自分たちにできることって何だろうねとなったときに「パッケージ化されていない丁寧なコンサルティングを入れた墓じまいや供養をコンセプトにしましょう」と提案しました。

中小企業が大手企業とECで戦っていくためには

冒頭にお話した動物病院もそうです。ここはドッグランやトリミング、物販もあってすごくおしゃれなところなんです。ただ、置いてある商品に関してはホームセンターやドンキホーテで手に入る商品も中にはあったりします。

じゃあ彼らがECをやる意義って何かを考えたときに、それはやはり動物病院の院長先生や看護師の方が予防医学の観点や動物の種類に応じて最適な商品を提供できるというバックボーンだとご提案しました。

確かにドンキホーテなどの商品よりは高くなってしまうのですが、付加価値を感じてくださるお客様を抱え込むことができれば成功できるんじゃないかと。

何が言いたいかというと、システムの導入コストは安くなったのですが、そこで勝つための戦略はより難しくなっているかもしれません。いまだに大量生産、大量消費みたいな企業があったりするので、そういう企業はガンガンWebプロモーションを回して大量に売っていくことができます。

でも、中小企業やこれからECをやろうと思われている企業はそうではない戦い方を求められていますので、よりビジネスモデルの立案やプロジェクトマネジメントなど、作って終わりではない「その先」を求められているのではないでしょうか。

\吉野隆行 氏に"無料"相談が出来る/

関連記事はこちら

コンタツ株式会社~元楽天のECプロが実現する酒販×ECの可能性

酒税法改正に揺れる酒類業界。元楽天のECのプロが実現する新しい酒類販売のカタチとは……?

ECを主軸とした業態転換へのキーポイントとは~EC構築の6つのステップ

コロナ禍で店舗運営が滞り、ECサイトへのシフトを考える小売やメーカーの経営者も多いのではないでしょうか。今回、EC事業・新規事業のプロフェッショナルである吉野隆行プロにECで勝つためのステップや業態転換の方法についてインタビューを行いました。

参入コスト「ゼロ円」時代のEC戦略とは?中小企業が大手企業とECで戦っていくためには

ファーストリテイリングEC部門でマーケティングマネージャーを歴任し、EC事業・新規事業のプロフェッショナルとして活躍されている吉野隆行 氏にECの立ち上げやオンラインビジネスへの業態転換についてインタビューを行いました。

ファーストリテイリングEC部門でマーケティングマネージャーを歴任したECプロ 吉野隆行 氏のご紹介

ファーストリテイリングEC部門でマーケティングマネージャーを歴任し、EC事業・新規事業のプロフェッショナルとして活躍されている吉野隆行 氏にECの立ち上げやオンラインビジネスへの業態転換についてインタビューを行いました。

アフターコロナにおけるファッション、流通、小売り企業の戦略とは ―商品・エリアを超えて実現する「マーチャンダイジング」とはー

株式会社ワールドにてSPA業態のビジネスモデルを構築、ユナイテッドアローズや良品計画、イオンリテールなど、様々な小売業のご支援を行う、西 謙太郎 氏に、アフターコロナにおけるファッション・流通・小売り企業の戦略についてお聞きしました。

エッセンスおすすめWEBセミナー

5/12|越境プログラム説明会~キャリア自律とイノベーション社員を生み出すプロボノの可能性とは~

VUCA時代、イノベーター育成やキャリア自律にお悩みの方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。そんな中、座学やOJTの研修とは異なる研修手法としてプロボノ派遣や他社への留学など、越境型の研修が注目を集めているのはご存知でしょうか。 プロボノというのは企業に勤めながら、自分の専門知識や経験を生かして社会貢献する活動です。プロボノに取り組むことで、個人のキャリア自律やリーダーシップの育成など、働き方へのポジティブなフィードバックを期待できることが分かってきました。 本セミナーでは、当社エッセンスがこれまでプロボノを通じた越境プログラムを提供してきた中で生まれた成果や参加者の変化を事例やデータを用いながらご紹介させていただきます。ぜひご参加ください。

5/25|グローバルで勝つための社員エンゲージメントと生産性

変化の激しい昨今、新しい人事ツールや制度導入を検討している企業様も多いかと存じます。ですが、道具だけが先行し、そもそもの人事の「あり方」のアップデートの議論がなおざりにされている企業も散見されます。 本セミナーは、一般社団法人人事資格認定機構の代表理事である華園氏をお迎えし、変化に対応していくための人事にスポットを当て、人事のあり方と人事のプロフェッショナルとしての能力についてのお話を伺います。まさに、日本の職場の真の課題に触れながら、人事の責任領域とは何か?を海外と日本の事例を交えてお示し頂きます。ぜひご参加ください。

5/10|やりがいで関わる「ビジネスボランティア活用」セミナー ~関係人口の拡大を促進する新しい地方企業×優秀人材のカタチ〜

昨今話題になっている「副業・兼業」。いずれも活用するにはハードルが高く、都心部だけの取り組みだと思っていませんか?都心部の優秀人材を地方企業に役立てる取り組みは、内閣府も促進する関係人口拡大も促進できる重要な施策と捉えられています。 本セミナーでは「兼業・副業」の活用に費用面、要件面でハードルの高さを感じている皆様に、よりライトに無償で活用を開始できる「ビジネスボランティア」についてご紹介いたします。今までに130名を超える人材を30を超える企業・団体にマッチングしてきたノウハウをご紹介するとともに、実際に「ビジネスボランティア」を活用いただいた社団法人・企業にインタビューを行い、活用のポイントやメリットなどをお伺いしていきます。

プロインタビュー記事

ファーストリテイリングEC部門でマーケティングマネージャーを歴任したECプロ 吉野隆行 氏のご紹介

ファーストリテイリングEC部門でマーケティングマネージャーを歴任し、EC事業・新規事業のプロフェッショナルとして活躍されている吉野隆行 氏にECの立ち上げやオンラインビジネスへの業態転換についてインタビューを行いました。

【CEOコーチに訊く】どんな状況でも「決めたことは、実現する」

CEOコーチの久野和禎様に、経営者から一番いただくお悩みや、CEOコーチとして伝えていること、今後経営者が事業を展開していくにあたっての心構えをお伺いいたしました。

ECを主軸とした業態転換へのキーポイントとは~EC構築の6つのステップ

コロナ禍で店舗運営が滞り、ECサイトへのシフトを考える小売やメーカーの経営者も多いのではないでしょうか。今回、EC事業・新規事業のプロフェッショナルである吉野隆行プロにECで勝つためのステップや業態転換の方法についてインタビューを行いました。

全21件中 1〜 3件を表示