essenceのソリューション

「働き方改革」の推進の一環として副業が推進され、2018年1月には厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」をまとめたほか、同省が示していた「モデル就業規則」から副業禁止の規定を削除しました。これにともない、日本企業も大企業を含め副業をも認める企業が増えつつあります。その背景には働き方の多様化や少子高齢化による人手不足、終身雇用の崩壊などがあり、この流れは今後も加速すると考えられます。

一方で、個人も企業もまだ副業については戸惑っている状態だと考えられております。

現在の仕事の補完的な「副業」、パラレルに働くスタイルの「複業」、会社に内緒で隠れて行う「伏業」など、さまざまな形がありますが、企業にとっても、個人にとっても、能力向上に役立つような仕事を社外でしてもらうことで、「本業」にもプラスになるような、両者にとっての「福業」を行っている事例はまだ極小です。
「福業」のためには、企業もただルールを解禁して個人に任せるのではなく、能力開発の場として副業・兼業を提供する事が必要であり、個人も自身のキャリアの価値の再認識や能力の棚卸を行う必要があります。
私たちは企業も個人も、「福業」に向けた一歩を踏み出すお手伝いを行っております。
研修として週に1回から
他社に留学をする。
副業・兼業の一歩として、
就業時間外に自身のキャリアを
他社で試す。
プロフェッショナルスキルを活かして
独立・兼業活動を行う。