「プロパートナーズ」とは
経営課題を解決するプロを、貴社のパートナーにできるサービスです。

01
「現役」

「現役」

変化が早い時代に結果を出している「現役プロ」にこだわっています。
02
その道のプロが多数在籍

その道のプロが多数在籍

元上場企業取締役や海外事業責任者等、⾼度な経営ノウハウや豊富な⼈脈をもつプロが多数在籍。
03
⽉2から活⽤可能

⽉2から活⽤可能

⽉2回、2時間程度から必要な頻度、期間で活⽤可能です。

あらゆる経営課題に『プロ活用』というソリューションをお届けします

プロパートナーズは、経営の課題に合ったプロ⼈材を徹底したヒアリングによりマッチングするソリューションサービスです。販路拡⼤やブランディング、マーケティング、新規事業開発、バックオフィス⽀援等さまざまな分野に精通したプロをご提案します。



企業の成⻑フェーズに合わせたプロ活⽤

拡⼤期のリスク回避・スピードアップに

拡⼤期のリスク回避・スピードアップに

企業の拡⼤期において最も重要な課題となる⼈材不⾜。
プロパートナーズなら各領域のプロを、予算に応じて活⽤できます。

成熟期の専⾨的な課題解決に

企業の成熟期には、より専⾨に特化した課題解決が求められます。
プロパートナーズなら、プロが多くの分野をカバーできます。
成熟期の専⾨的な課題解決に
各領域にその道のプロが在籍

各領域にその道のプロが在籍

売上が伸びない、新規事業が⽴ち上がらない等、社内の⼈材ではノウハウが無く対応できない。そんなとき、各領域のプロを活⽤することができます。

プロパートナーズだからデキル

⼤切なのは「肩書」より、「今何がデキルか」。

幅広い経営課題に対して、経営課題解決に、
確実にスピーディーに貢献できる⼀流の【現役顧問】をご紹介します。
「質」重視のプロが所属

「質」重視のプロが所属

審査通過率37%の厳しい選考を通過したプロのみが在籍。現役の経営者・役員が多数。
マッチング精度が⾼い

マッチング精度が⾼い

専任コンサルタントが貴社の社⾵や担当者との相性も加味し、最適なプロをご紹介します。
紹介後も⼿厚いサポート

紹介後も⼿厚いサポート

紹介して終わりではありません。プロを有効にご活⽤いただくため、専任コンサルタントが紹介後も打合せ参加するなど⼿厚くサポート。

こんな経営課題へアプローチ

営業戦略

  • エリア拡⼤が思うように進まない
  • 経営層へのアプローチが出来ない
  • 新規顧客の開拓に苦戦している
  • 組みたい業界とコネクションがない

新規事業推進

  • 新事業⽴ち上げの意⾒がほしい
  • 必要時に専⾨家の助⾔がほしい
  • 新領域の知⾒が⾜りない

マネジメント強化

  • 経営メンターが欲しい
  • CFO領域の経営者がいない
  • IPO、⼀部上場に向けて準備を進めたい
  • M&Aの調査、実⾏を進めたい
  • 優秀な⼈材を採⽤できていない

社外取締役

  • アドバイザリーボードとして活⽤したい
  • ガバナンスを強化するモニタリングボードが欲しい
  • 独⽴性を確保した社外役員が欲しい

経営課題別プロのご紹介

様々な経営課題に最適な人材をご紹介いたします。

新規事業プロパートナーズ

新規事業プロパートナーズ
ビジネスの設計図が引けるプロ人材を紹介し、新規事業立ち上げのご支援を行います。企業の現状や競合分析を通じて、最適な新規事業立ち上げプランをプロフェッショナル人材とともにご提案します。

WEBマーケティングプロパートナーズ

WEBマーケティングプロパートナーズ
インバウンド施策に欠かせない、WEB強化のご支援を行います。企業の現状や競合分析を通じて、最適なWEB強化プランをプロフェッショナル人材とともにご提案します。

⼈事プロパートナーズ

⼈事プロパートナーズ
インバウンド施策に欠かせない、WEB強化のご支援を行います。企業の現状や競合分析を通じて、最適なWEB強化プランをプロフェッショナル人材とともにご提案します。

財務プロパートナーズ

財務プロパートナーズ
ビジネスの設計図が引けるプロ人材を紹介し、新規事業立ち上げのご支援を行います。企業の現状や競合分析を通じて、最適な新規事業立ち上げプランをプロフェッショナル人材とともにご提案します。

課題解決のソリューション⽐較

採⽤よりもリスクを抑え、プロの知⾒やノウハウを内製化できることがプロパートナーズの⼤きな特徴です。

プロパートナーズの活⽤事例紹介

【CEOコーチに訊く】どんな状況でも「決めたことは、実現する」

CEOコーチの久野和禎様に、経営者から一番いただくお悩みや、CEOコーチとして伝えていること、今後経営者が事業を展開していくにあたっての心構えをお伺いいたしました。

【コロナ後の業務転換】外部人材の「身内」化で経営と現場に橋を渡せ

コロナ禍で店舗運営が滞り、ECサイトへのシフトを考える小売やメーカーの経営者も多いのではないでしょうか。今回、EC事業・新規事業のプロフェッショナルである吉野隆行プロにECで勝つためのステップや業態転換の方法についてインタビューを行いました。

【テレワークにもダイバーシティを】社員=メッシと考えよ

在宅&テレワークには4つのポイントがあります。①体調管理、②ツール、③ルール、④変化の受容 です。今回は④の変化の受容について紹介いたします。

プロ活用までの流れ