アナタの会社は大丈夫??外部に仕事を依頼する際の期待と役割。 「アウトソーシング」という言葉に秘められた落とし穴と可能性とは!?

最近業績が良い。このタイミングで業務を拡大したいが「人」がいない。採用活動を行ってはいるがなかなか良い人材との出会いも限られる。そのような場合、外部企業の力を借りて機会の最大化を図る企業も多いのではなかろうか。その際に是非とも「アウトソーシング」という言葉について、その枠組みについて、再考願いたいものである。最近ではその「使い分け」も慣れてきた企業が増えたが、混沌としたビジネス環境の中で、それぞれの機能や役割が混同されてはいないだろうか。

そこで今回は一部の業務を外部企業に依頼する段階で重要となってくる「考え方」について、『花田モデル』を参考にしたい。通称、花田モデルとは慶應義塾大学総合政策学部の花田光世教授による「戦略アウトソーシングモデル」である。

プレイヤーは4つ。
・コンサルティング
・人材派遣
・外注、代行
・戦略的アウトソーシング
どれも「外部」の企業に変わりはないが、兎角日本では「アウトソース」という言葉が一人歩きしている節がある。「外注」「常駐」「業務委託」…。これらの言葉は便利ではあるが実態を曖昧にしたまま「外部」を活用すると現場では混乱が起き、効果が出ないのが実状である。そこで重要となってくるのが「軸」の置き方である。

業務には「設計・企画」と「運営」がある。そこに上記のプレイヤーを当てはめてみると「設計・企画」を担当するが運営はクライアント企業が行うのがコンサルティングに対し、アウトソーシングは設計・企画から運営までを担当する。クライアント企業の経営戦略やニーズを理解しながら、企業のガバナンスに深くかかわっていくのが戦略的アウトソーサーの役割なのである。また、人材派遣は業務の設計・企画及び運営のコアな部分は一切やらず、その補助的な人員としての役割を担うのに対し、外注・代行は業務の運営のその殆どを司る。

この「考え方」をアナタの会社の人間、つまりは外部企業を使用する担当者と、その外部企業(広義ではパートナーとも言うが)側の人間とで共有さえしておけば、実際に業務がスタートしてからも齟齬が少なく、変化し得るビジネス環境だとしても柔軟に対応できる。
最近はこれらの役割をミックス、または細分化した形態もある。当社が実践しているプロパートナーズ事業や大手コンサルティングファームも戦略的アウトソーシングについてはその効果を実践・検証し、事業の中に取り入れてみたり関連グループ会社を設立している。

営業、総務人事、財務経理。どの分野においても、「外注さんにたのみますか」「アウトソーシングでやりますか」「代行業者にお願いしますか」と、社内で会話をする際に、どの「役割」「機能」が本当に必要なのかを再考し、依頼する段階になった際にはその企業がそれらの要望にどの程度まで応えられるかを確かめてから協働していきたいものである。

プロパートナーズの
活用事例、料金などがわかる

エッセンスおすすめWEBセミナー

5/10|やりがいで関わる「ビジネスボランティア活用」セミナー ~関係人口の拡大を促進する新しい地方企業×優秀人材のカタチ〜

昨今話題になっている「副業・兼業」。いずれも活用するにはハードルが高く、都心部だけの取り組みだと思っていませんか?都心部の優秀人材を地方企業に役立てる取り組みは、内閣府も促進する関係人口拡大も促進できる重要な施策と捉えられています。 本セミナーでは「兼業・副業」の活用に費用面、要件面でハードルの高さを感じている皆様に、よりライトに無償で活用を開始できる「ビジネスボランティア」についてご紹介いたします。今までに130名を超える人材を30を超える企業・団体にマッチングしてきたノウハウをご紹介するとともに、実際に「ビジネスボランティア」を活用いただいた社団法人・企業にインタビューを行い、活用のポイントやメリットなどをお伺いしていきます。

4/13|次の転職先は「社長」も!? 人生100年時代の革命的なキャリア選択の可能性について

コロナ禍以降、リモートワークの急激な推進に伴い、さらに個人の自立・独立への活動が活発になりました。一方で今までリスクの高かった起業にも、兼業・副業など様々な緩衝期間を設ける事が可能になり、「働き方の多様性」が生まれています。そこで今回は新しい働き方の選択肢である「ネクストプレナー」と「キャリアフライト」をご案内します。また、今後経営に携わるような人材になるにはどうキャリア形成をするべきかご紹介します。人生100年時代に自分らしく生きるために、今後のご自身の価値を見直すきっかけとしてお役立てください。

5/25|グローバルで勝つための社員エンゲージメントと生産性

変化の激しい昨今、新しい人事ツールや制度導入を検討している企業様も多いかと存じます。ですが、道具だけが先行し、そもそもの人事の「あり方」のアップデートの議論がなおざりにされている企業も散見されます。 本セミナーは、一般社団法人人事資格認定機構の代表理事である華園氏をお迎えし、変化に対応していくための人事にスポットを当て、人事のあり方と人事のプロフェッショナルとしての能力についてのお話を伺います。まさに、日本の職場の真の課題に触れながら、人事の責任領域とは何か?を海外と日本の事例を交えてお示し頂きます。ぜひご参加ください。

プロインタビュー記事

ファーストリテイリングEC部門でマーケティングマネージャーを歴任したECプロ 吉野隆行 氏のご紹介

ファーストリテイリングEC部門でマーケティングマネージャーを歴任し、EC事業・新規事業のプロフェッショナルとして活躍されている吉野隆行 氏にECの立ち上げやオンラインビジネスへの業態転換についてインタビューを行いました。

【CEOコーチに訊く】どんな状況でも「決めたことは、実現する」

CEOコーチの久野和禎様に、経営者から一番いただくお悩みや、CEOコーチとして伝えていること、今後経営者が事業を展開していくにあたっての心構えをお伺いいたしました。

ECを主軸とした業態転換へのキーポイントとは~EC構築の6つのステップ

コロナ禍で店舗運営が滞り、ECサイトへのシフトを考える小売やメーカーの経営者も多いのではないでしょうか。今回、EC事業・新規事業のプロフェッショナルである吉野隆行プロにECで勝つためのステップや業態転換の方法についてインタビューを行いました。

全21件中 1〜 3件を表示