アナタの会社は大丈夫??外部に仕事を依頼する際の期待と役割。 「アウトソーシング」という言葉に秘められた落とし穴と可能性とは!?

最近業績が良い。このタイミングで業務を拡大したいが「人」がいない。採用活動を行ってはいるがなかなか良い人材との出会いも限られる。そのような場合、外部企業の力を借りて機会の最大化を図る企業も多いのではなかろうか。その際に是非とも「アウトソーシング」という言葉について、その枠組みについて、再考願いたいものである。最近ではその「使い分け」も慣れてきた企業が増えたが、混沌としたビジネス環境の中で、それぞれの機能や役割が混同されてはいないだろうか。

そこで今回は一部の業務を外部企業に依頼する段階で重要となってくる「考え方」について、『花田モデル』を参考にしたい。通称、花田モデルとは慶應義塾大学総合政策学部の花田光世教授による「戦略アウトソーシングモデル」である。

プレイヤーは4つ。
・コンサルティング
・人材派遣
・外注、代行
・戦略的アウトソーシング
どれも「外部」の企業に変わりはないが、兎角日本では「アウトソース」という言葉が一人歩きしている節がある。「外注」「常駐」「業務委託」…。これらの言葉は便利ではあるが実態を曖昧にしたまま「外部」を活用すると現場では混乱が起き、効果が出ないのが実状である。そこで重要となってくるのが「軸」の置き方である。

業務には「設計・企画」と「運営」がある。そこに上記のプレイヤーを当てはめてみると「設計・企画」を担当するが運営はクライアント企業が行うのがコンサルティングに対し、アウトソーシングは設計・企画から運営までを担当する。クライアント企業の経営戦略やニーズを理解しながら、企業のガバナンスに深くかかわっていくのが戦略的アウトソーサーの役割なのである。また、人材派遣は業務の設計・企画及び運営のコアな部分は一切やらず、その補助的な人員としての役割を担うのに対し、外注・代行は業務の運営のその殆どを司る。

この「考え方」をアナタの会社の人間、つまりは外部企業を使用する担当者と、その外部企業(広義ではパートナーとも言うが)側の人間とで共有さえしておけば、実際に業務がスタートしてからも齟齬が少なく、変化し得るビジネス環境だとしても柔軟に対応できる。
最近はこれらの役割をミックス、または細分化した形態もある。当社が実践しているプロパートナーズ事業や大手コンサルティングファームも戦略的アウトソーシングについてはその効果を実践・検証し、事業の中に取り入れてみたり関連グループ会社を設立している。

営業、総務人事、財務経理。どの分野においても、「外注さんにたのみますか」「アウトソーシングでやりますか」「代行業者にお願いしますか」と、社内で会話をする際に、どの「役割」「機能」が本当に必要なのかを再考し、依頼する段階になった際にはその企業がそれらの要望にどの程度まで応えられるかを確かめてから協働していきたいものである。

プロパートナーズの
活用事例、料金などがわかる

エッセンスおすすめWEBセミナー

1/26|IT人材ゼロでもできる データ活用経営の始め方

コロナ禍で加速するデジタル化の波に乗り遅れていませんか?  この一年でテレワークでの移行や社内営業におけるITツールの活用など様々な変化があったかと思います。DX化を検討しシステムやツールの導入はしたものの、システムが乱立したり使いこなせていないという声を多く聞きます。活用方法についてはまだまだ手探り状態の企業も多いのではないでしょうか。また、自社にあるデータを活用して戦略や事業プランを活かそうにも、そもそもデータを集められないといったところでお困りの企業も多いのではないでしょうか。  そこで今回は、元7&iホールディングスの事業会社にて経営企画・情報システムを担当され、製造業・小売業を中心としながらも業種を越え、システムにおける、情報化構想立案からシステム・ベンダー選定構築、PM、導入支援の現場教育や改善まで一気通貫で出来る経験と実績を持つ、IT・システム分野で活躍されている高橋祐二氏をお招きし企業におけるデータ活用経営のノウハウをお伝えいたします。

12/17|【他社留学オンライン勉強会】ベンチャー企業が大企業から留学を受け入れる理由とは

今、様々な形で組織を越境するという人材交流が盛んになってきています。今回はそんな、大企業の方を 受け入れている先進ベンチャーの経営者から他社への留学をとおした大企業とのシナジーについてお話をうかがいます。

【終了しました】11/27|IPOトーーク -今日から始める上場計画-

今回はあずさ監査法人出身でIPOアドバイザリー業務に従事され、うるるでIPO準備全般を手掛けられ、現在IPO実現のためのプロジェクトマネジメント・管理体制構築全般についてのアドバイザリーを業務提供し、他にも上場企業・上場準備企業の非常勤役員2社を務めている井出彰プロと、2005年に監査法人トーマツに入社、監査・内部統制コンサルティング、IFRSコンサルティングに従事され、IPO準備に関してはインバスタークラウドの上場時に携わり、同社にて不動産クラウドファンディング事業の立ち上げ経験も現在株式会社IPOパートナーズで業務を行う関根信二プロをお招きし、これからIPOを検討・再考される方向けにパネルディスカッション形式で「生きた話・明日から使える話」をお届けします!

プロインタビュー記事

ファーストリテイリングEC部門でマーケティングマネージャーを歴任したECプロ 吉野隆行 氏のご紹介

ファーストリテイリングEC部門でマーケティングマネージャーを歴任し、EC事業・新規事業のプロフェッショナルとして活躍されている吉野隆行 氏にECの立ち上げやオンラインビジネスへの業態転換についてインタビューを行いました。

【CEOコーチに訊く】どんな状況でも「決めたことは、実現する」

CEOコーチの久野和禎様に、経営者から一番いただくお悩みや、CEOコーチとして伝えていること、今後経営者が事業を展開していくにあたっての心構えをお伺いいたしました。

ECを主軸とした業態転換へのキーポイントとは~EC構築の6つのステップ

コロナ禍で店舗運営が滞り、ECサイトへのシフトを考える小売やメーカーの経営者も多いのではないでしょうか。今回、EC事業・新規事業のプロフェッショナルである吉野隆行プロにECで勝つためのステップや業態転換の方法についてインタビューを行いました。

全21件中 1〜 3件を表示