財務プロパートナーズ

財務プロパートナーズの力で経営管理上の課題を解決

事業拡大・上場を見据え、「守り」と「攻め」の経営管理をご支援を行います
「財務プロパートナーズ」は、企業の各フェーズで発生する経営管理上の課題に応じたプロ人材を、徹底したヒアリングによりマッチングするソリューションサービスです。
その企業の現状やステージに最適なCFOサービスをプロフェッショナル人材とともに提供いたします。
経営管理にありがちな悩み
  • 事業計画を策定できる人材がいない
  • 資金調達計画が進まない
  • 上場前後のリスクヘッジを見据えた最適な出資先(VC)の選定をしたい
  • 事業会社でIPOの経験を持つ人材が欲しい
  • 常勤者(CFO)を採用したいが人材マーケットでは希少性が高く採用が難しい
財務プロパートナーズによる
ご支援内容
  • 上場シナリオ・事業計画を踏まえた資本政策の策定
  • 資本政策に沿った資金調達の計画策定(VC・デッドのバランス等)および実行支援
  • 上場前後のリスクヘッジを見据えた最適な出資先(VC)の選定
  • デッド、VCとの交渉に必要な資料作成および交渉支援

財務プロパートナーズのご支援領域

経営管理上の課題に『プロ活⽤』という
ソリューションをお届けします
様々な企業規模、事業形態、成長ステージのベンチャー企業支援の実績を持つプロフェッショナルをご活用いただくことで、経営戦略と財務との整合性、事業特性やリスク、成長シナリオの提示など経営における最適な意思決定に貢献します。
事業計画策定支援
実現可能性がありかつ新たな事業機会の発見や事業成功の要因を盛り込んだ事業計画の策定をご支援
資本政策策定支援
上場前後を踏まえた地に足のついた資本政策策定をご支援
資金調達支援
資金調達計画、リスクヘッジを見据えた出資先選定およびVCとの交渉支援
IPO準備支援
資本政策案の策定、社内管理体制の整備、上場申請書類作成など管理上の整備をサポート

財務プロパートナーズの一例

さまざまな強みを持つプロ
御社のニーズとフェーズに応じたご⽀援を実⾏
複数の事業会社、VCで資金調達、M&A、IPOをリードしてきた、様々な業界出身者のプロが所属するからこそ、お客様の求めるプロをマッチング可能です。

経営全般 M&A×IT・製造業

IT、製造メーカー複数社にて、M&Aのプラン・実行をリード。元経営者という視点から資本政策を実行し、IPOに限らず経営戦略、資本・資金政策など幅広い領域の支援を行います。

事業企画 資本政策×Fintech

VCとしてベンチャー投資、資金調達、M&A、事業会社での事業開発、資本政策、IPOをリード。資本政策策定支援のみならず、事業計画のブラッシュアップのサポートも可能です。

資金調達×不動産

銀行、VCなどで金融機関との折衝などを経験し、主にインキュベ―ション関係の支援が可能。VCとの幅広いネットワークを持っており、最適な資金調達先の選定をサポートします。

財務プロパートナーズの事例紹介

プロパートナー活⽤で経営管理上の課題スピードで解決
資本政策から資金調達の戦略立案、外注業者の選択など、あらゆる重要な場面で経理・財務のプロの意見、客観的で信頼できるアドバイスは非常に有効であり、最適の選択・決断をすることができます。プロパートナーズでは、戦略の策定段階から実際の実行フェーズまでプロジェクト単位でのプロのマッチングが可能です。ここでは、課題解決の一例をご紹介します。

【CEOコーチに訊く】どんな状況でも「決めたことは、実現する」

CEOコーチの久野和禎様に、経営者から一番いただくお悩みや、CEOコーチとして伝えていること、今後経営者が事業を展開していくにあたっての心構えをお伺いいたしました。

【コロナ後の業務転換】外部人材の「身内」化で経営と現場に橋を渡せ

コロナ禍で店舗運営が滞り、ECサイトへのシフトを考える小売やメーカーの経営者も多いのではないでしょうか。今回、EC事業・新規事業のプロフェッショナルである吉野隆行プロにECで勝つためのステップや業態転換の方法についてインタビューを行いました。

【テレワークにもダイバーシティを】社員=メッシと考えよ

在宅&テレワークには4つのポイントがあります。①体調管理、②ツール、③ルール、④変化の受容 です。今回は④の変化の受容について紹介いたします。

財務プロパートナーズ導入の流れ

まずはこちらよりお問い合わせください

貴社のご状況をお伺いし、最適なプロをご提案いたします。
初回のプロ人材とのマッチング面談は無料でご提供しております。
これまでのキャリアで培った専⾨性を
有する独⽴ワーカーの皆様に、案件をご紹介いたします。
プロパートナーズ事業

経営課題別プロのご紹介