【コロナ対策】在宅ワーク無対策だと四重苦に陥ります

総務プロとして活躍されている金英範プロに「新型コロナウイルス対策(テレワークにおける体調管理)」についてインタビューしました。

  • 金英範 氏のプロフィール
  • 「超推進」が余儀なくされるテレワーク
  • 長い目で見れば「国全体の生産性プラス」に
  • 在宅ワークの四重苦
    • 対策① PCをデスクトップへ変える
    • 対策② 椅子を「2時間以上座れるタイプ」へ変える
    • 対策③ とにかく1日最低7000歩は稼ぐ
  • 新しい時代には、新しい働き方を

金英範 氏のプロフィール

オフィス設計事務所での勤務経験を経て、米大学院へFM修士留学。帰国後、外資系証券会社を中心にいくつかの企業の総務、FMをインハウスで20年以上実践。またコンサルティング、アウトソーシング事業などサプライヤーとしての経験も豊富。

2012年メリルリンチ日本証券総務部長、2016年日産自動車コーポレートサービス統括部部長を経て、現職Workwell Technologies, Inc.の日本支社長。兼業のHite & Co.にて戦略総務、オフィス移転や自分達らしいワークプレース造り、ファシリティマネジメントの社内側アドバイザリー活動を活発に行っている。

「超推進」が余儀なくされるテレワーク

新型コロナ対策の一環として多くの企業にて実践を余儀なくされている在宅ワーク。在宅ワークは広い意味ではテレワーク(どこでも働ける)のひとつの手段でもあり、働く場所が「自宅」の場合を指しますね。

テレワークは政府の働き方改革の推進戦略の流れで、これまで多くの企業でオリンピックに向けた準備が進められていましたが、今回コロナの影響でその推進プランをはるかに超えたスピード感で「超推進」を余儀なくされている企業も多く、そこで働く社員としては「いきなり在宅」状態で戸惑っている方も多いのでは!?と思っています。

フリーランスの方にとっても、クライアントから急にビデオ会議にて業務やサービス納品を求められて、急いでインフラ整備にかかっている方も多いと聞きます。

長い目で見れば「国全体の生産性プラス」に

中長期的に考えると、この状況は個人の働き方の選択肢向上や、日本企業の生産性UPの効果が間違いなくあり、私個人的には国全体の生産性がプラスに転じると思っています。ただ一方で、直近のテレワーク(半ば強引な)推進に戸惑いがあり、成果も人によっては限定的となってしまうのも事実でしょう。

その意味で今回の記事では私の企業総務ネットワークにいらっしゃるテレワークの達人達のお話を参考に、また、私の個人的な3年目となる在宅&テレワーカー実体験から、成功する「在宅&テレワークのポイント」を簡単に整理しました。今回は特に「体調管理」について取り上げます。

テレワークの達人はすでに多く、それぞれ独自の生活習慣にあったテレワーク方法があって良いと思いますが、こちらは主に「初心者」の方々向けに整理しておりますので、お役に立てることを祈ります!

在宅ワークの四重苦

「通常の通勤ワークライフだと自然に7000歩〜10000歩は稼げるはずが、在宅だと2000歩以下のスマホ表示をみて愕然!」、これはよく聞く話でもありますが、在宅テレワークを3年間続けている50歳を超えた私が実際に直面した体調変化を具体的に紹介します。

  • 自宅の狭い机での長時間作業、体が固まって血流が悪くなり「肩こり」が悪化
  • 仕事に適さない食事テーブルの椅子(木製やスチール座面)に長く座り「腰」を痛める
  • ディスプレイを「やや下目線」で長時間のぞき込み「首」が痛くなる
  • 会議の時間が減った分、画面を見る時間がどうしても増えて「目」が疲れる(進行性)

以上、肩、腰、首、目に主にインパクトがあり、無策だと遅かれ早かれ四重苦となります。対策として下記の3つを取り急ぎお勧めします。

対策① PCをデスクトップへ変える

特にディスプレイ(どうしても目線が下になり頭が下がる)の長時間作業(ビデオ会議も)は在宅ワークでもテレワーク(外部コラボオフィスなど)でも、また会社内でも要注意です。

ご存知の方も多いかもですが、人間のアタマはボーリングの球くらいの重さがあると言われます。その重たい球を前に倒して首で長時間支えるのは相当首への負担になります。

人により個人差ありますが私の場合は1年目くらいで首痛になりました。対策としては、理想としてはこまめな運動やストレッチなどを行うことなのですが、集中しすぎてしまう人(成果が出る人)ほど、なかなか意識的にそれをするのが難しいですよね。

その意味で一番手っ取り早いのが「デスクトップ」です。在宅を今後長くする可能性がある(将来のご自身のワークライフプラン次第)方は、デスクトップ(昔オフィスにあったような安価なものでも可)を購入し、画面を見る目線を水平またはむしろ上向きにし、背筋を気持ち伸ばして作業をすることをお勧めします。

お持ちのノートPCをセットするだけでデスクトップの高さへ画面を上げることができる付帯設備や、画面をそのままデスクトップへ投影できるタイプなど方法はいろいろありますが、大した投資をしなくともAmazonなどで入手可能なのでぜひ在宅ワークが長引くと推定される方は上記のようなアクションをお勧めします。長い時間の中で体調(と成果)は断然違ってきます!

対策② 椅子を「2時間以上座れるタイプ」へ変える

これはいろんなタイプがありますが(生活と兼用)、購入の際に店員さんへ確認してみることをお勧めします。それほど高価でなくとも長時間座れる椅子はたくさんあります。大抵のリビングの椅子は1時間もしたらお尻が痛くなりますので、仕事には適しません。

対策③ とにかく1日最低7000歩は稼ぐ

アップルウォッチを携帯している場合は8000歩が最低ラインです。スマホ計測だとどうしてもマイナス3000歩(自宅内ではスマホを置いて歩く場合が多いので)くらいで5000歩くらいが最低ラインでしょうか。

これを意識しないで在宅ワークをやっていると、結構仕事がはかどって自分なりには「仕事頑張ったぜ!」と思って夜にスマホを覗くと、平気で今日は1800歩!なんて愕然する日もあります。

これは仕事の成果を出せば出すほど=体調悪化、、の悪循環となります。目先はよくても長期では生産性が落ちてしまいますね。

コロナの影響で外を歩くのに気を使う立地に住んでおられる方もいるかと思います。朝一番や夜など、人がいないタイミングを狙って40分くらい音楽でも聴きながらぶらぶら歩く(走る必要まったくないです!)だけでも5000歩は簡単に稼げますのでご参考までに!

新しい時代には、新しい働き方を

働く=成果を出す=プロのアスリート!(長寿のアスリート)と私は思っております。働き方の選択肢としてテレワーク、在宅が入ってきたこの時代。頭脳と経験が歳と共に上積みしながらも、一方で体調が劣化してしまってはトータルの成果は落ちるだけですね。体調管理は年とともに、プロの仕事マン(ウーマン)としてその必要性が増してきますね。

\金英範 氏に"無料"相談が出来る/

関連記事はこちら

【テレワークにもダイバーシティを】社員=メッシと考えよ

在宅&テレワークには4つのポイントがあります。①体調管理、②ツール、③ルール、④変化の受容 です。今回は④の変化の受容について紹介いたします。

テレワークの3つのルール?本当に会社のルールだけ守っていてストレスなく成果を上げるテレワークが出来ますか?

テレワークが始まり、社内での運用ルールもそろそろ出来上がってきた企業もあるかと思います。でも会社のテレワーク運用ルールに従っているだけでストレスなく成果を上げる仕事が本当に出来ると思いますか?テレワークを効果的に業績アップにつなげるために決めるべきルールとは?

【コロナ禍を好機に】組織の意識と総務の役割の変革のために大切なこと

ワークプレイス改革プロ・総務プロの2名に今回のクライシスを好機に変えるための方法というテーマで寄稿いただきました。ぜひこの難局を乗り切るヒントにしていただければと思っています。

【コロナ対策】在宅ワーク無対策だと四重苦に陥ります

総務プロとして活躍されている金英範プロに聞く「新型コロナウイルス対策」。今回は「テレワークにおける体調管理」についてコラムを寄稿いただきました。

勤怠管理は?生産性は?「リモートワークあるある」と総務の使命とは

前回、「コロナ禍は「働く場所」再考のチャンス?総務はオフィスをプロダクトと捉えよ」の記事でサービス開発の観点でオフィスを開発すべきと説いた元WeWorkのワークプレイスストラテジストの本田優様と元アマゾンジャパンのデータサイエンティストの須崎博紀様に、今回はテレワーク下で求められる勤怠管理や生産性の可視化、そしてこれから必要な総務としての使命について伺いました。

エッセンスおすすめWEBセミナー

10/8|アフターコロナに求められる組織のカタチと人材とは?~ジョブ型移行で必要となる打ち手と意識改革~

今回は、ベンチャー企業やオーナー企業での人事領域(研修・人材開発・採用など)のご支援を得意とする冨田晋作プロと、パーソルキャリアにて13年間、人事コンサルや人材紹介、自社採用などの経験を持ち、独立後はベンチャー企業の採用や人事制度・オペレーション設計などの支援をする山田寿志プロをお招きし、コロナ禍によって変化した「必要とされる人材の定義」や、新卒一括採用・終身雇用のこれから、オンライン・オフライン下における組織づくりについてのポイントをお伺いします。 新時代に向けてどのような組織づくりをしたらよいか、どのような人材を採用すべきかお考えの経営者や人事責任者の方、ぜひご参加ください。

9/30|【他社留学オンライン勉強会】なぜJAXAは越境学習をおこなうのか

宇宙航空研究開発機構、通称JAXAでは、昨年度より「越境学習」つまり職員を他社に派遣することによる人材育成をスタートしています。なぜそのような人材育成を始めたのか?そのあたりを伺っていきます。

9/2|変容するビジネス世界を切り取る ~「変化の主体」を捉える思考を養う入門ワークショップ~

このオンラインイベントでは、UX専門家としてユーザーインタビューやUX設計のアドバイスを多くの企業に提供されてきた岡昌樹プロをゲストにお招きし、ユーザーや社員の変化を読み取るための考え方やメソッドについて学び、実践のワークショップを行います。時代の変化を事業や企業経営に活かしたいと思われている皆様は、ぜひご参加ください。

プロインタビュー記事

ファーストリテイリングEC部門でマーケティングマネージャーを歴任したECプロ 吉野隆行 氏のご紹介

ファーストリテイリングEC部門でマーケティングマネージャーを歴任し、EC事業・新規事業のプロフェッショナルとして活躍されている吉野隆行 氏にECの立ち上げやオンラインビジネスへの業態転換についてインタビューを行いました。

【CEOコーチに訊く】どんな状況でも「決めたことは、実現する」

CEOコーチの久野和禎様に、経営者から一番いただくお悩みや、CEOコーチとして伝えていること、今後経営者が事業を展開していくにあたっての心構えをお伺いいたしました。

ECを主軸とした業態転換へのキーポイントとは~EC構築の6つのステップ

コロナ禍で店舗運営が滞り、ECサイトへのシフトを考える小売やメーカーの経営者も多いのではないでしょうか。今回、EC事業・新規事業のプロフェッショナルである吉野隆行プロにECで勝つためのステップや業態転換の方法についてインタビューを行いました。

全21件中 1〜 3件を表示