2020/5/7 【ニュースリリース】当社が中小企業に新たな指針「サステナビリティ」を促進・認定する社団法人の設立に参画しました


”持続発展可能な経営を”
中小企業に新たな指針「サステナビリティ」を促進・認定する社団法人の設立に参画

プロのマッチングのノウハウを活かし、経営者となる人材の発掘と育成を促進

「新しい仕事文化をつくる」をミッションに、社内外人材の最適な活用を提案するエッセンス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役: 米田瑛紀、以下エッセンス)は、中小企業の事業承継における課題解決を目指し、Growthix Capital株式会社、辻・本郷ビジネスコンサルティング株式会社、ホワイト財団の4団体による一般社団日本事業継続支援機構(通称サステナ社団)の設立に参画したことをお知らせいたします。

【社団設立について】
 この度、エッセンス株式会社はGrowthix Capital、辻・本郷ビジネスコンサルティング株式会社、ホワイト財団の3団体とともに一般社団法人を立ち上げる運びとなりました。これにより、中小企業に対してプロ経営者となる人材の発掘と育成をはじめ、第三者への承継となっても会社運営をスムーズに行うことが出来るようなサステナビリティ認定パッケージを提供いたします。

 これは、2019年12月20日に経済産業省より策定された、黒字廃業の回避を目指した「第三者承継支援総合パッケージ」の普及に大きく貢献することを可能とします。日本全国で課題となっている中小企業の事業承継問題の解決を目指し、官民のハブとなり、未来により良い日本経済を構築するきっかけとなる所存です。

 日本企業の可能性を信じ、日本全体を持続的に事業発展するための支援を実現いたします。

【社団名】
一般社団日本事業継続支援機構(通称サステナ社団)

【理事兼社員】
中島 光夫(Growthix Capital ㈱ 代表取締役)
河本 和真( Growthix Capital ㈱ 取締役)

【理事】
若狹 清史(辻・本郷ビジネスコンサルティング㈱ 専務取締役)兼 日本地域科学総合研究所 代表理事
山田 翔吾(辻・本郷ビジネスコンサルティング㈱ シニアマネージャー)
米田 瑛紀(エッセンス株式会社 代表取締役)
五味田 匡功(ソビア社労士事務所代表 兼 ホワイト財団 理事長)

【監事】
岩元 翔(株式会社ソビア 代表取締役 兼 ホワイト財団 評議員長)

【エッセンスの役割】
 昨今の働き方改革や少子高齢化に伴い、中小企業が直面する、経営を担う人材不足については年々問題を深めております。

 中小企業は属人的な経営となっていることが多く、短期的な利益を追及する傾向が高くなることから、様々な状況の変化に対応することが難しくなります。これは突発的な外部要因によって経営が左右される傾向が高まる原因となりえます。

 また属人的な経営は事業承継時にも大きな影響を与えます。承継後の経営者にその経験や知識を引き継ぐことは時間を要するため、通常の会社運営が成り行かなくなる可能性があるからです。直近では、新型コロナウイルスの影響により世界的に不測の事態が強いられており、改めて持続的な経営の重要性が求められています。

 エッセンスでは昨今、関東のみならず、日本全国の中小企業が抱える経営課題を幅広くご相談を頂いており、その中でも後継者不在による事業承継問題をについて外部人材を活用した解決策をご提案して参りました。従来の常勤人材だけではなく、外部から最先端の知識や経験をもつ人材を招聘、活用することが必要になると考え、ひいてはそれが企業経営としてのサステナビリティに繋がると考えていました。

 エッセンスといたしましては、本社団法人において今までのプロの支援実績やプロの育成における経験や蓄積したノウハウを基に、事業承継を支援する人材のご提案および、事業承継を担う人材の育成・発掘に寄与して参ります。

 エッセンス株式会社について

エッセンス株式会社は、2009年の創業以来、「新しい、仕事文化をつくる」をコーポレートミッションとし、働き方の選択肢を増やす4つの事業を展開。

・経営課題を解決するプロフェッショナル人材のご紹介サービス プロパートナーズ事業

・入社後活躍する人材をご提案。人材紹介・ヘッドハンティングを行う リクルーティング事業

・大手企業向けベンチャー留学研修サービス 他社留学事業

・社員の自走キャリア確立、イノベーション人材の創出を支援するプロボノ体験サービス 

上記の4つのサービスを通して、社内人材の採用・活性化、社外人材の活用といった社内外の人材の最適な活用を提案する。

本リリースに関するお問い合わせ先
エッセンス株式会社 広報・マーケティング担当 吉水 島崎
TEL:03-6661-7747
メールでのお問い合わせはこちらから