【ニュースリリース】フリーランス・副業人材活用を検討する企業向け「フリーランス・副業人材マッチングサービス 職種別カオスマップ」を公開

エッセンスは当社が参画するフリーランスとパラレルワーカーの支援を行う非営利団体「一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」のジョブ創出プロジェクトにて、フリーランス・副業人材の活用検討を行う企業向けに「フリーランス・副業人材マッチングサービスの職種別カオスマップ」を作成し、公開しました。

これまで、複業・兼業・副業を行いたいと考える個人向けのカオスマップは存在したものの、企業が経営課題の解決や人材リソースの調達手段としてフリーランスや副業人材などの外部人材の活用を検討する際に参考とできるカオスマップは存在しておらず、今回、実際にフリーランス・副業人材のマッチング支援を行うエージェント・プラットフォーム各社を対象にカオスマップを作成しました。

※掲載したロゴ・サービス名称について
当マップ記載のロゴ・サービス名称の表記につきましては、掲載させていただいた各社様に事前許諾を得ていないものもございます。もし当マップへの掲載に問題がある場合は、お手数ですが「marketing@freelance-jp.org」までご連絡ください。速やかに修正させていただきます。


■フリーランス白書2019にも掲載
このカオスマップはフリーランス協会が3月4日に発行したフリーランス白書2019にも今後のフリーランス・副業人材の活用啓蒙を目的に掲載されています。ジョブ創出プロジェクト参画企業各社からは、合わせて同白書の「第5章 企業がフリーランスを効果的に活用するために」の作成協力も行い、フリーランス・副業人材を活用する際に気をつけるべき点について情報提供を行いました。
フリーランス白書2019 https://blog.freelance-jp.org/survey2019/

■フリーランス協会ジョブ創出プロジェクトとは
フリーランスやパラレルワークを希望する人々の仕事(ジョブ)を増やしていくことを目的に、主に企業側にフリーランス・副業人材活用の啓蒙活動を行うプロジェクトです。主にフリーランス協会の賛助会員であるエージェント・プラットフォーム各社が中心となり、フリーランス・副業人材の有用性や活用の際のポイントについてのセミナー開催やガイダンス制作、活用事例集の制作などを行っています。

■一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会について
フリーランスとパラレルワーカーの支援を行う非営利団体。「誰もが自律的なキャリアを築ける世の中へ」というビジョンを掲げ、自分の名前で仕事をしたい人のためのインフラ&コミュニティとして、2017年1月の設立以来活動を続ける。年会費1万円で賠償責任補償や所得補償制度、各種優待が使えるベネフィットプラン(福利厚生制度)の提供のほか、キャリア支援PJ、ジョブ創出PJ、パーソナルスコアリングPJ、地方創生PJ、子育て支援PJ、フェアパートナーシップPJなど、様々なプロジェクトが進行し、実態調査や政策提言、多彩なイベント運営等を行っている。『フリーランス&“複"業で働く! 完全ガイド』(日本経済新聞出版社)が好評発売中。
フォロワー総数11,300名、一般会員数1,640名、賛助企業120社。(2019年2月現在)
<会社概要>
・法人名:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会
・代表理事:平田 麻莉
・設立日:2017年1月26日(同年4月20日に一般社団法人化)
・事業内容:フリーランスの支援活動全般
・URL:https://www.freelance-jp.org