ニュース&トピックス

2018/3/20【ニュースリリース】エッセンス代表の米田瑛紀が日本生産性本部主催「第2回生産性改革シンポジウム」に登壇します

エッセンス代表の米田瑛紀が3月30日に行われる公益財団法人日本生産性本部主催、経済産業省後援の「第2回生産性改革シンポジウム」に登壇いたします。

人口減少による労働力不足が深刻化する中、日本の未来は生産性向上の実現にかかっています。日本生産性本部では、昨年12月に「働き方・生産性改革シンポジウム」を立ち上げ、第一回目として、生産性向上、国際競争力向上につながる真の働き方改革について議論が交わされました。

今回は、「サービス産業の生産性向上戦略」と「企業の新陳代謝・人材流動化」に着目し生産性改革の実現に向けた道筋の議論を行うことを目的に第2回のシンポジウムが開かれます。

このたび米田は、「企業の新陳代謝や人材の流動化による生産性向上」をテーマとするパネルディスカッションにて、モデレーターを務めます。


「第2回生産性改革シンポジウム」

  • 趣旨:米国の5割とされるわが国サービス産業の生産性向上戦略、および企業の新陳代謝・人材流動化の議論を通して、生産性改革実現のための課題を浮き彫りにし、今後の取り組みを討究する。

  • 主催:公益財団法人日本生産性本部

  • 後援:経済産業省

  • 日時:3月30日(金)13時30分~16時30分

  • 会場:日本工業倶楽部会館2階大会堂

  • プログラム:

・開会挨拶
茂木 友三郎・公益財団法人日本生産性本部会長
キッコーマン株式会社取締役名誉会長 取締役会議長

・パネルディスカッション1
「サービス産業の生産性向上戦略を考える」
菊地 唯夫・ロイヤルホールディングス株式会社代表取締役会長兼CEO
デービッド・アトンキンソン・株式会社小西美術工藝社代表取締役社長
針谷 了・村上 輝康・産業戦略研究所代表(モデレーター)
守山 宏道・経済産業省商務情報政策局サービス政策課長

・パネルディスカッション2
「企業の新陳代謝や人材の流動化による生産性向上」
宇佐川邦子・株式会社リクルートジョブズ ジョブズリサーチセンター長
米田 瑛紀・エッセンス株式会社代表取締役(モデレーター)
山内 幸治・特定非営利活動法人エティック理事兼事業統括ディレクター
伊藤 禎則・経済産業省産業人材政策室参事官

この内容で送信します。よろしいですか?