新着記事

(くらしと仕事)働き方はさらなる多様化へ。「会社員⇔フリーランス」を…

2018-06-21 10:00

女性は男性と比べてライフイベントが多く、結婚や出産などによって働き方を変えなければならない場合もあります。こうしたなか、「ずっと働き続けたい」「キャリアを継続させていきたい」と考える女性にとって、時間と場所にとらわれないフリーランスという働き方は魅力的である一方、収入面や仕事の獲得方法など、実際に踏み出してみないと分からない部分や、「一度フリーランスへ転向したら、もう会社員へ戻ることはできないの…

(Fledge)リモートワークに副業推奨。MUGENUPがクリエイタ…

2018-06-19 15:00

前回は、クリエイターに新しい働き方を提供するMUGENUPのイラスト制作事業と、そのサービスを支える社内体制やシステム、リモートワークの成功のコツについて伺いました。今回は、そのリモートワークを支える仕組みと併せて、実際に在宅勤務をされている社員の方にオンラインインタビュー。最後に、MUGENUPが目指す先についてもお話し頂きました。

(くらしと仕事)フリーランスは、女性におすすめの働き方

2018-06-14 10:00

私自身がフリーランスとして働いているため、同じフリーランスの女性にお会いすることが頻繁にあります。子育てをしながら起業されている方も、とてもたくさんいます。きっかけは様々で、「子どもといる時間を取りたいから」と子育てが直接的な理由になっている方もいれば、「もっと充実感を持って働きたいから」など、個人的な理由の方もいらっしゃいます。事業内容や規模はひとそれぞれですが、とてもいきいきとお仕事されてい…

(Fledge)パラレルキャリアは「年中夢中」をつくる最高の生き方!…

2018-06-12 15:00

私が本格的に複業を始めたのは2016年9月のことです。複業を始めて1年半が過ぎました。複業を始めてから、どんなときも「今がいちばん楽しい!」そう思えるようになりました。その理由は、日々自分自身がアップデートされていくからです。複業を通して「年中無休」ならぬ、「年中夢中」は自分次第でいかようにも創り出すことができることを知りました。

「総動員」から「個を活かす」組織へ。フリーランス白書で見えた「プロジェクト型」人材と組織の可能性

2018-06-11 17:27

昨今、厚生労働省が推進する「働き方改革」において、テレワークや副業・兼業は“実効性のある政策手段を講じて、普及を加速させていく”とされていて、多様化していく働き方が議論される機会が増えてきました。 クラウドサービスやビデオチャットなどの普及により、時間や場所を限定されずに働ける環境も整ってきており、日本でも現在は1000 万人余りのフリーランス(副業・兼業を含む)がいると言われています。驚くことに、米国では2027 年

(Fledge)わたしが地元青森でリモートを決めた理由 ── 鈴木麻…

2018-06-07 10:00

3月に勤めていた会社を辞め、4月から青森市在住のままフリーランスのライターになりました。青森でライターを名乗って仕事している人はなかなかいません。おそらくライターの仕事だけでごはんを食べている青森県民は、県外からのお仕事をメインにいただいているか、官公庁からお仕事をいただいているか、扶養の範囲内で働いているのではないかと思います。それくらい、ライターとして青森県で生きていくことは難しく、ライター…

(くらしと仕事)地元函館で子育てをしながらパラレルワークで奮闘中!東…

2018-06-05 15:00

故郷・函館以外の土地で暮らしたことがないというオンラインアシスタントの伊藤尚さん。2015年11月「HELP YOU」に加わってから約2年半。いちアシスタントからスタートして、チームリーダー、ディレクターへと順調に責任あるポジションへと昇進。その間、第1子の妊娠・出産をはさみながらも、わずか3カ月の産休を経て「HELP YOU」に復帰。そのバイタリティ溢れる仕事ぶりの理由と、これからの展望につい…

(おかんの給湯室)【連載スタート】出社自由でも社員は働く。つまらない…

2018-05-31 10:00

はじめまして。株式会社スタートアップテクノロジー代表取締役社長 兼 エンジニアの菊本久寿です。これから数回にわたって「エンジニアの働き方」というテーマで、私なりの考えを書いていきたいと思います。よろしくお願いします。今回は初回なので、自己紹介や会社の紹介をさせていただきますね。

(くらしと仕事)1年間で訪れた国はなんと12カ国!HELP YOUだ…

2018-05-29 15:00

以前、「灼熱の国スーダンに夫とくらし、オンラインアシスタントとして輝く毎日」のインタビュー記事に登場いただいた宇治川紗由里さんのその後について追ってみました。 宇治川さんは、2017年11月からHELP YOUの運営会社である株式会社ニットの正社員としてジョイン。そのワーク・ライフスタイルはオンラインアシスタントとして活躍していた頃と変わりません。 パートナーの仕事の関係で1年のうちに数カ国を行…

(Fledge)プレ金、キッズウィーク、有給休暇の増加…働き方改革な…

2018-05-24 10:00

世の学生の皆さんは夏休み真っ只中!1か月以上連続のお休みなんて社会人には中々難しいので羨ましさを感じることもしばしば…私も数年前はそんな長いお休みがあったのに今では遠い昔のように感じます…(遠い目)働く皆さんもそんなことを一度は考えた経験ありますよね!?「もっとお休みがほしー!」「とにかく休みたーい!」と考えている、そこのア・ナ・タ。実は、「休み方改革」なるものを日本政府が推進していることをご存…

ピックアップ

「‘新’社会人基礎力って何?社会人に学びを提供するサービスまとめ(通学/オンライン/インターン)」

2018-04-17 13:55

2006年より経済産業省が、職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力として提唱したものです。 具体的には、産業界が働き手に求める要素を「考え抜く力」「チームで働く力」「前に踏み出す力」の3つにまとめ、企業によっては社員教育や新人教育、採用の指針としてきたのですが、2018年、この「社会人基礎力」が10数年ぶりに見直され、「人生100年時代の社会人基礎力」として発表されました。

日本企業がイノベーションを起こすために必要な4つのアップデート。「リーダー2.0」「オープンイノベーション2.0」「オフィス3.0」「HR3.0」

2018-03-16 14:19

■イノベーションを生み出す条件とは 近年、さまざまなビジネスシーンで「イノベーション」という言葉を耳にします。 イノベーションは直訳すると「技術革新」です。 それを聞くと、技術の開発や何か新しい発明だと思ってしまいますが、本来の意味は、様々な場面において今までになかったものが新しく取り入れられることを指します。

ポスト平成の「組織と個人」はどうなる?未来の会社のカタチを考えるための9つのキーワード

2018-02-14 16:31

来年2019年の4月末に平成が幕を閉じようとしています。 人口減少や産業構造の複雑化を背景に、これまで以上に社会情勢は変化していくでしょう。個人の「働き方」や企業の「人材の活用の仕方」も例外ではなく、新たな仕事文化が生まれるでしょう。

副業を始めて「副業うつ」にならない為の7つのTips

2018-01-26 17:48

副業を始めたものの、本職との両立が難しい、頑張りの割には収入が増えていないなどの不安やストレスから、副業を行うことに対して「うつ」のような症状に陥る方がいらっしゃいます。 新たなキャリアを築くために始めた副業で心身ともに支障を来しては元も…

カテゴリー

人気記事ランキング

新着連載記事