第2回『人材育成者向け勉強会』開催リポート

テーマ:次世代リーダ育成における越境学習の効果とは?

2020年1月15日、第2回『人材育成者向け勉強会』を開催しました。

前回に引き続き、ご参加された方だけでなく
今回初めてご参加いただいた方も多くいらっしゃいました。

今回も、業界も様々で、かつ所属部署も異なる方々同士の
意見交換が行われ、我々自身も学びの多い場となりました。

それでは当日の様子を、一部お届けいたします。

 
当日は、第1回目同様、企業様同士のディスカッションをメインに進行。

今回のテーマ
①「次世代リーダーの育成課題について」
②「越境学習が自社の人材育成に役に立つと思うか。またどんなハードルがありそうか」

Aグループでは、”会社”と”個人”の視点から
それぞれ課題に対して、意見を出し合っていました。

Bグループでは、そもそも次世代リーダーって必要なのか?!
という意見が出たりしておりました。

表現の仕方は違えど、やはり悩みの種は共通する部分が
多かったように思えます。

決定権をもつ者と、現場の温度感や考え方の違い、
ここを縮めていかないと、組織は変わらないのではないか
ということが改めて、参加者の皆様からの意見を通じてわかりました。

最後には、経産省の方がメルペイに留学した事例を説明したのち
越境学習が解決の糸口に繋がるかどうかを、一緒に考えていきました。

これだ!!といった正解はないため、
我々も日々、企業様と一緒に、解決策を模索しておりますが
終了後のアンケートでは
「悩みが共有できる」
「他社の率直な意見が聞けて、面白い会話ができました」
「方向性がみえた」
などのコメントをいただき、解決策につながるヒントが
この勉強会をきっかけに見つかれば良いなと感じました。

次回、第3回人材育成者向け勉強会は2020年2月19日(水)に開催予定です。