新しい働き方 2015年1月24日

社「外」人財、活用できていますか?

経営者の方とお会いした際によく聞く代表的な課題として

「新規クライアントにリーチできない」

「新規事業を立ち上げたが成長しない」

「HPからの問い合わせが伸びない」

というお声を頂きます。

通常であればそれぞれの課題解決に特化したコンサル会社や事業会社に依頼をして、解決に当たられるのがほとんどだと思います。場合によっては、知見やネットワークが豊富な社員を幹部として採用することもあるでしょう。

しかし、コンサル会社や事業会社への発注は初期コストがかかったり、レポートやフレームのみ提供され、実際の実務や運用は行ってくれないケースが少なくありません。

採用に関しても、コストをかけてもなかなかマッチした人が現れなかったり、採用してみると、全く期待通りに機能してくれなかったという失敗も多いの
ではないでしょうか。

そこで、経営者の皆様がお持ちの経営課題に対して、最適な社外のプロをご活用いただくケースが増えております。雇用した場合には莫大な年収を支払
わなければならないビジネスのプロを、その一部のリソースを活用することによって、コストを押さえてそのスペシャリティを発揮いただけます。

本日は、実際によくご相談いただく案件に対して、ご紹介するプロパートナーを、活用方法とともに掲載いたします。


◆課題「ターゲット業界へのアプローチ方法が分からない」

⇒「トップアプローチ営業顧問」をご紹介

参入障壁の高いターゲット企業の経営者をダイレクトに紹介します。クライアント様のターゲットリストをご提出いただき、リスト企業にネットワークを持ったプロをご紹介。アポイント取得から同行・フォローまでをサポート。

(プロパートナー例)

1.飲食・流通コンサルタント
・元有名キャラクターストアにてオペレーションマネージャーを務め、飲食・流通企業のマネジメントやオペレーション、人事のコンサルティングを実行。
・仕事柄、不動産・飲食・流通・N&A分野に広い人脈を有し、自身もセールスレップとして活動。

<ご活用方法>
月1回の営業会議によりターゲットと売り込む商品についてディスカッション。サービスの強みを明確にした上で、ネットワークのある企業に月に2社訪問。確度の高いアポイントと深い商談を実現しました。


◆課題「自社に営業マンがいないので、アライアンスによって拡販したい」

⇒「アライアンスプロ」をご紹介

幅広いネットワークと高度な企画力により、既存事業のスケール化を可能にするアライアンス提案を行います。会議を重ね、サービスの強みを抽出し、シナジーを起こす可能性のあるアライアンス候補を提案、紹介します。

(プロパートナー例)

2.元大手ECサイト創業者
・日本最大規模の出前マッチングサイトの創業を行い、その後も人脈を活かし、経営者の会員組織を設立。現在も人脈を拡大中。

<ご活用方法>
稼働して3か月までに6社を訪問し、アライアンス実現の可能性の高い企業に絞り、再訪問を実施。その後も、アライアンス先のロイヤリティを向上させるために、定期的なフォローを実施しました。


◆課題「自社サイトの問い合わせを増やしたい」

⇒「WEBマーケティングプロ」をご紹介

サイト内容やネット広告、SNSの活用により自社サイトからの問い合わせ増加のサポートを行います。営業会議への出席および社内のWEB担当との打ち合わせ、ベンダーとの交渉などを月2日から支援します。

(プロパートナー例)

3.元アパレルのECサイト立ち上げ経験者
・アパレルメーカーにてECサイトおよびオウンドメディア、実店舗の立ち上げを実行。
・運営スキームを構築し、運営の為の人材の育成支援も行う。

<ご活用方法>
週2回の出社。役員クラスのマーケティング会議に出席し、サービス・商品のブランディングの部分からディスカッションを実施。現状のWEBの分析とブランディング戦略を元に、WEBのコンセプトメイクを行い、最適なベンダーを選定。効果・検証とともに、WEB担当者への教育も実施しました。


◆課題「海外進出の投資判断に迷っている」

⇒「海外進出プロ」をご紹介

海外進出のための投資判断のサポートや現地法人の立上げ支援など海外市場調査・開拓の支援を行います。戦略会議の出席や市場調査のサポート、現地企業の紹介などを行います。

(プロパートナー例)

4.元大手ITのSE→元大手EC国際部室長
・アメリカの子会社にて事業再生、業務改善、人事制度の策定、実施および新規事業の立ち上げ。
・アメリカ、カナダ、ブラジル、アルゼンチンなどへの進出計画の策定及びその実行。海外展開の事業戦略立案、マーケット調査から、実際の展開戦略の実行および展開後の事業運営を支援。

<ご活用方法>
月2回の経営会議に参加。社長と海外事業の立上げ責任者とともに、現地マーケットの特性やリスクについてアドバイスを行い、戦略とアクションプランの立案をサポート。必要な現地ネットワークについても紹介し、スムーズな立ち上げを支援しました。


◆課題「先をゆく経営者に自社の相談をしたい」

⇒「経営メンター」をご紹介

経営の方向性が誤っていないかのチェックを、経営者の壁打ち相手として、先行事例をもった経営者がアドバイスします。社長とマンツーマンでミーティングを行い、必要に応じてネットワークから他の経営者を紹介します。

(プロパートナー例)

5.元メーカーの事業再生請負人

・大手通信会社、コンサルティング会社、ディスプレイメーカー等でCFO領域と経営全般を経験。
・民事再生後のディスプレイメーカーでは代表取締役として資金調達や資金管理を実行し、経営再建を実現。IPO、M&Aについて多くの実績と知見を有する。

<ご活用方法>
月2回、経営者との1対1のMTGを開催。上場までのタスクや課題について、アドバイスを実施。必要に応じて、社内の役員や社員を巻き込みながら、経営レベルの向上と組織全体の方向付けをサポートしました。




上記プロパートナーについてご関心がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

この内容で送信します。よろしいですか?